トップページ

ようこそ。。。。

新在家濱太鼓台保存会
web管理人nimoです。

新在家濱太鼓台保存会のアーカイブの管理、保存をしています。

このサイトでは5G時代に向けてハイレゾ配信をテストしています。

よろしく!

 

音源はハイレゾではありません。
この動画はyoutubeではありません。
管理人のサーバーから配信しています。
アクセスが集中するとアクセス制限がかかります。

Hi-Res 24bit/48kHz FLAC

AAC320Kbps
松任谷由実 真夏の夜の夢

FLAC & ACC

FLACとAACについて

FLACはAndroid端末、PC版(Windows10)Microsoft Edge、Firefox、Google Chrome、Opera、iPhone、iPadでハイレゾ24bit/48KHzでお聴きいただけます。

iPhoneに関してはiPhone7でFLACの再生が確認されました。

iPhone8、iPhoneX、iPhoneXs、iPhoneXR、iPhone11も再生可能です。

Blutoothワイヤレスイヤフォンで聴いても、FLACの方が音質が良いと管理人も思います。

サーバーのアクセス制限が掛かるかもしれませんが、FLACでハイレゾをお楽しみください。

当サイトではFLAC(Free Lossless Audio Codec)といい、「可逆圧縮」と「非可逆圧縮」との二種類があります。

当サイトではCD音源16bit/44.1kHzを録音レベルをAudacityアプリケーションで音源レベルを整え、Upconvアプリケーションで16bit/44.1kHzの音源を24bit/48KHzのWavファイルにアップコンバートをしてFLAC(可逆圧縮)に変換して配信をしております。

実際の音源をハイレゾで録音したものではなく、コンピューター演算にて失われた音源を再現したものです。
Wavファイルに対して約60%の圧縮率になります。再生時は99%近くWavファイルの音源と同等の音質に再現されます。


iPhone、iPadに関しては有線イヤフォン、本体で再生された時のみ24bit/48KHzで再生されます。

Blutooth5.0ワイヤレスイヤフォンをご使用の場合はAAC320kbpsに圧縮されますのでAAC320kbpsの選択をお願いします。

FLACはファイルが大きいのでサーバーアクセス制限が掛かる原因になりますのでできる限りAAC320kbpsをお選びください。

macOSに関しては別途FLAC再生アプリケーションが必要となる場合があります。

AAC320Kbpsは、Xperiaなどの全ての端末で再生できますが16bit/48kHzになります。

iPhoneでBlutoothを使用されている場合はBlutoothの仕様でAAC320Kbpsに圧縮されますのでAAC320kbpsを選んでください。

XperiaはDSEE HX(AAC圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源に変換)を搭載していますので高音質でお聴きいただけます。

当サイトは5Gが開始されるのを機会にハイレゾ音源のストーリミングをテストするためと、CD音源からご自分でハイレゾ音源を再構築して高音質でお聴きいただくのを目的としています。

サーバーの転送量が超えるとアクセス制限の原因となります。


Wi-Fiの環境によってはブラウザが異常なリクエストを出し、アクセス制限の原因となるため特にVDSLタイプの光ケーブルは転送最高スピードが100MBになり実測40~85MB程度になり実際のファイルを読み込むスピードが再生スピードより遅くなるとブラウザがサーバーに対して異常なリクエストを繰り返しアクセス制限が掛かります。


どうでしょうか?

iPhone用に24bit/48KHzFLACで作成してみました。

これ以上24bit/96KHzも問題なくできるのですがiPhone内部のDAC(デジタル・アナログ・コンバーター)が24bit/48KHzなので24bit/96KHzで再生できますが24bit/48KHzスケールダウンして再生してしまうのでストレージの関係で言うと24bit/48KHzFLACファイルが最適だと思います。

AAC320にどうしてするのかというとデバイスの互換性がすごく多いのが理由です。

音質再生で言うとSONYのXperiaがダントツですね。

残念ながら Apple iPhone は、最下位なんです。

特にBlutooth 5.0 ではAppleがAAC320kbpsなんとSONYがLDAC990kbpsで約3倍音質が良いてことになります。

がんばれ、日本勢ならもっと良い製品ができるはず。

私はちなみに iPhoneX 申し訳ございません。選択の際、まだHi-resは考えていませんでした。

デザインとファームウェアーの更新がAndloidは、頻度が少なく2年もすると切り捨てされてしまうのでiPhoneを選んだわけです。 HomePodは、発売日に買っていきなり2個つまりステレオペアーを組んでドツボにハマってしまいました。